海外旅行・留学の持ち物準備|行く前に見るサイト※初めてでも安心

海外旅行の持ち物について

海外旅行に行くときは、事前に持ち物リストを作りそれを何度か確認しておくと忘れ物をせず安心です★
そんな持ち物について、必ず必要なもののほか、あったら便利なものをいくつか紹介します(*^^*)

 

 

海外旅行の持ち物リスト

海外旅行の必需品
  • パスポート
  • ※コピーも持って行くと紛失時に現地大使館で発行手続きがスムーズにいきます♪

  • 現金
  • クレジットカード
  • キャッシュパスポート
現金の持って行き方としては、キャッシュパスポートがオススメ!!

⇒キャッシュパスポートとは?

 

海外旅行に必要な日用品

まず必要なのは、日ごろ欠かせないアイテム!!

 

高級ホテル以外は用意されていないことが多いので、向こうに行って慌てないように事前にホテルのHPや旅行会社に確認しておきましょう!!

  • 洗顔(クレンジング)
  • 化粧品/乳液
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • シャンプー
  • リンス
  • ヘアトリートメント
  • タオル

など

 

※タオルは、ホテルによって様々です。
ビーチタオルを貸してくれるホテルもありますが、貸出をしていないホテルもあるのでこちらもしっかりチェックしましょう!!

 

海外旅行にあると便利なもの

 

  • カメラ
  • そのほか旅の思い出をカタチとして残すため、カメラがあると便利です。

     

  • 充電器
  • 携帯やデジカメなどの充電器は忘れがち!
    しっかりと入れていきましょう♪

     

  • 変換アダプター・変圧器
  • 海外と日本だと、コンセントや電流の強さが異なります。
    電化製品を破損させる危険性もあるので、渡航先の国のコンセントの形、電流の強さなどを調べたうえで必要であれば持って行きましょう!

     

  • ウェットティッシュ
  • 日本での清潔感は当たり前となっていますが、海外ではトイレを含めあまり掃除が行き届いていない場所も多いです。
    そんなときウェットティッシュがあれば、サッと使えてとても便利なのです。

     

  • 医薬品
  • 医薬品は胃腸薬や下痢止め、痛み止めなどが揃っていると少しでも体調が悪いときに飲むことができます。行先によってはお店で購入できるものばかりですが、言葉が通じないと不安な事もあると思うので、持っていくと安心♪

     

  • ガイドブック
  • ガイドブックを持って行くと、いろいろなお店やレストランが載っているので便利です(*^^*)
    また、ガイドブックの巻末などに簡単な挨拶など現地の言葉が載っていると困った時に役立ちますし、飛行機の中で読むのも良いと思います★

     

 

その点こういったものを用意しておくと、不安なく安心して旅を楽しめるでしょう。

 

海外旅行の注意点

海外旅行における注意点についてお話ししたいと思います。

 

盗難・紛失

1番気をつけたいのが盗難や紛失です。

  • 多額の現金は持ち歩かない
  • 金目のものは身につけない
  • ひったくりに合わないようなバックを持っていく

などの工夫が必要です。

 

安全なお金の持って行き方は?

キャッシュパスポートがオススメ!
⇒キャッシュパスポートとは?

 

海外保険

旅行に行く前の注意点としまして、旅行中の傷害保険には入っておいたほうが良いでしょう、ということです。

 

私はハワイが好きで、何度か旅行に行ったことがあります。しかし、根っからの貧乏性と、ことなかれ主義ということもありまして、そのような保険には入ったこともなく、実際に今まで何事も起こりませんでした。

 

昨年の、ハワイ旅行の前々日、何となく嫌な気配を感じた私は、知り合いの旅行代理店に初めて傷害保険の加入を申し出ました。
まあでも、その名の通り「保険」ということもあり、ハワイに旅立った時にはすっかりその存在を忘れていました。
そんな中、私はハワイの海で思いもよらぬ大ケガをしてしまいました。

 

たまたま海底のサンゴを踏みつけた拍子に足の親指のツメを半分はがしてしまい、残った半分のツメと身の間には大量の砂が入り込んでしまいました。

 

足首から先が腫れ上がり、それは痛くて痛くて、もちろん靴など履けず、歩くことさえ出来なくなってしまいました。

 

ホテルの好意で病院に送ってもらいましたが、海外旅行での初めてのケガに動揺していた私は、医者の早口でまくしたてる言葉も理解できず、異国の地ということもあり多額になるだろう治療費のことばかり考えていました。

 

そんな時、病院に一緒に来てもらっていた日本語のできるホテルマン(中国人ですが)が「保険に入っていないのか?」と私に聞いてくれたのです。まさに救世主。

 

このように、海外旅行ではいつどこでどんな目に遭うか分かりません。
決して高額ではありませんので、保険にはきちんと入ってから楽しい旅行に出かけましょう。

【西野カナ】ダイエット方法