海外旅行・留学の持ち物準備|行く前に見るサイト※初めてでも安心

国際キャッシュカードを選び方について|海外旅行・留学の前に見るサイト

国際キャッシュカードを選ぶ際のポイントですが、対応するATMの数はあまり問題になりません。
多くの国際キャッシュカードはPLUSかCirrusを利用していますが、海外のATMはほぼすべてがこの両者に対応しています。
よって、このカードを選ぶといざというときに使えるATMがない、といった事態は起きにくいです。

 

国際キャッシュカードを選ぶときはここに注目!

手数料
口座維持費

国際キャッシュカード選びでもっとも大きく差が出るのが、手数料や口座維持費などの利用コストでしょう。

 

引き出し手数料は無料のところと有料のところがあり、無料のカードのほうが得に見えます。
しかし、実際は引き出し手数料無料のカードは年会費や口座管理費が発生したり、現地通貨に両替される際のレートに上乗せされる割合が大きいなど、一概にお得だとは言えなくなっています。

 

例えば、レートに上乗せされる割合が大きいカードだと、引き出す額が大きくなるほど利用コストは高くなります。
よって、少ない回数で大きな額を引き出す方には手数料はかかるものの、レート上乗せ分が少ないカードが有利です。
逆に、少額をこまめに引き出すという方であれば、引き出し手数料が無料のカードのほうがカードの利用コストは低くなるでしょう。

 

旅行などの行き先やお金の使い方とも相談して、自分に見合ったカードを選びましょう。

国際キャッシュカードのメリット

海外旅行に行く際、悩みの種のひとつとなるのが、どうやってお金を持っていこうかということです。
もちろん、日本円の現金をたくさん持っていき、それを現地の両替所で両替をしても構いません。
しかしそれですと、日本円の現金を盗まれたりなくされたりしたら、アウトになってしまいます。
そんなリスクを回避する方法のひとつとして、国際キャッシュカードを持つというのがあります。
国際キャッシュカードにはメリットがたくさんありますが、現金と比較した場合のメリットとしては、安全性が高いということがあげられます。
前述したとおり、日本円や現地通貨の現金を多く持ち歩き、それを盗まれたりなくしたりすれば、海外ではまず戻ってこないでしょう。
それと比べて、国際キャッシュカードであれば、不正利用される可能性があまり高くはありません。
国際キャッシュカードを不正利用するためには、そのカードの暗証番号を知らなければなりません。
逆に言えば、暗証番号さえ知られなければ安心だということです。
また、万が一カードを盗まれ、そして不正利用されたとしても、被害額を限定的なものにすることも出来ます。
国際キャッシュカードは、口座の残高以上の利用はできませんので。