海外旅行・留学の持ち物準備|行く前に見るサイト※初めてでも安心

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの比較

どっちがお得か比較してみた!結論!

キャッシュパスポートのほうがおすすめ!!
その理由は…

安全性

スペアカードがあり、万が一、紛失は盗難にあった場合でも安心!
また、24時刊対応のカスタマーセンターもあります。

利用出来る場所が多い

キャッシュカードより使える場所がかなり多いので、都心だけでなく田舎町でもどこでも引き出せて便利です♪

便利

キャッシュカードとしての機能しか持たないキャッシュカードと比べて、キャッシュパスポートは、キャッシュカードとしても、クレジットカードのように(実際はプリペイドですが)使える機能を持ち合わせていて、一石二鳥!!

 

キャッシュパスポートってどれくらいお得?

 

国際キャッシュカードとキャッシュパスポートの共通点は?

国際キャッシュカードもキャッシュパスポートも堅い審査を義務付けておらず、発行までの期間も1週間程度なのは共通しています。

 

国際キャッシュカードのメリット※キャッシュパスポートと比較してみた

長期の海外旅行や留学に必須アイテムとされている国際キャッシュカードは、現金やトラベラーズチェックをわざわざ持たなくても、カード1枚で日本の所有口座から外貨を引き出せるのが最大のメリット!!

 

最近は、大手銀行の代わりに楽天銀行やジャパンネット銀行が国際キャッシュサービスに台頭を現しています。

 

そして出金手数料の無料化を積極的に展開するだけでなく、換金レートも低く設定し、益々利用しやすくなっています。

 

国際キャッシュカードは24時間何時でも手軽に外貨が引き出せる利便性がありますが、海外の田舎町や郊外のATMでは国際キャッシュカードに対応していない所も存在します。

 

キャッシュパスポートのメリット※国際キャッシュカードと比較してみた!

しかし、最近は銀行口座の開設なしで作れるキャッシュパスポートもポピュラーになってきており、クレジットカードの前払い的な機能と現金引き出しができる機能を併せ持っています

 

キャッシュパスポートの場合は銀行口座不要で申込はできますが、事前のパスポートへの現金入金は1%の手数料込みで日本国内で済ませる必要があり、海外からの入金はネットバンクを通す必要があります。

 

また国際キャッシュカードはカード紛失や盗難に遭った場合、悪質な手口で預金全てを引き出されるリスクがありますが、キャッシュパスポートはセキュリティーコードやスペアカードの配布を行っているので、安全性では有利になります。
非常時のカスタマセンターが設けられていますので、このようなトラブル対処についても早急に対応してくれます。