海外旅行・留学の持ち物準備|行く前に見るサイト※初めてでも安心

海外旅行の際、海外旅行保険に申し込むのとクレジットカード付帯の海外保険の違い

海外旅行に出発する前にまず決めなければならないのは、海外旅行保険に加入するかどうかです。
万が一のために保険に加入しておくことをお勧めします。特に東南アジアなど衛生状態があまり良くない国に旅行する場合、お腹を壊してしまったりして病院に行く可能性が高くなりますので、特にお勧めします。

 

海外旅行保険に加入する前に確認すべき事

海外旅行保険に加入する前に確認しなければならないのは、自分の持っているクレジットカードに海外旅行保険が付帯していないかどうかという点です。

 

もし付帯していれば改めて保険に加入する必要はありません。
海外旅行保険は決して安いものではありませんから、もし自分のもっているクレジットカードに既に付帯されているのなら、かなりの費用削減になるでしょう。

 

海外旅行保険とクレジットカードに付帯している海外保険の違い

しかし、海外旅行保険とクレジットカードに付帯している海外保険では、補償される金額が大きく違う場合が多いです。

 

海外旅行保険は、何千万の単位で補償されるようですが、クレジットカード付帯の保険は何百万の単位でしか補償されないことが多いようです。

 

あまり大きくない怪我や病気の場合はクレジットカード付帯の保険で何の問題もありませんが、緊急に手術が必要な場合などの大きな怪我や病気の場合は、海外旅行保険のように高額の補償をしてくれるものが必要になります。

 

特に医療があまり発達していない国に旅行する場合は、骨折などの怪我でもその国で治療することが出来ず、他の国に移されることもあります。

 

その場合、何千万というお金がかかりますので、海外旅行保険が必要になります。

 

ですからクレジットカード付帯の保険の補償を調べた上で、ご自分の旅行する国の医療状態を考慮し、決定してください。